赤ちゃんの人見知り

 

 

赤ちゃんの人見知りについて

赤ちゃんは成長する段階において人見知りをすることがあり、症状の度合いは赤ちゃんによって異なるものの、生後6ヶ月〜12ヶ月の間に警戒心を持ち始めるので人見知りが始まると言われております。

 

以前は色々な人に抱っこされても楽しんでいましたが、人見知りが始まるとママ以外の人に拒否反応を示すことが少なくなく、以前から可愛がっていた人でも嫌がるようになるのです。

 

赤ちゃんを育てているママにとって、子供が人見知りをするのは重要な課題で、人を見て大泣きしたり暴れたりする赤ちゃんを見て、どのように対処すれば良いのか分からなくなることはあります。

 

しかし、赤ちゃんの人見知りは個人によって差が生じているものの、とある期間に起こる一過性の症状なので、医学的には全く心配する必要がなく、時が来れば自然と落ち着いてくるのです。

 

このような人見知りの症状が異常なのではないかと考える親御さんはいらっしゃいますが、赤ちゃんが母親と他人の区別がしっかりとできていることになり、成長していく過程で誰にでも起こり得るものなので、特に大きな心配をする必要はありません。

 

人見知りをする赤ちゃんは、お母さんに抱っこされて少し落ち着いたかなと思うと、他の人をチラっと見てまた泣き出すということがあります。

 

赤ちゃんに人見知りされるパパもいるので、「なぜこっちを見るの?」と疑問に思うかもしれませんが、これは赤ちゃんが自分に対してどんな反応をするのか試しているのです。

 

赤ちゃんは、「ママは安心できる人」という意識があるので泣いたりはしませんが、母親と他人を区別できるようになった赤ちゃんは色々な人を観察して、「この人は安心だ」と確認できると自然に抱っこされます。

 

基本的に、人見知りをする赤ちゃんは母親以外に対して警戒心を強めるので泣くことがあるかもしれませんが、そのような時は笑顔でいるのはもちろんのこと、最初はあまり目を合わせないようにしましょう。

 

大人であっても他人にじーっと見られるのは怖いもので、赤ちゃんも同じように恐怖を感じます。

 

大人であれば他人と目が合った瞬間に目をそらすことができますが、赤ちゃんはそれがまだできないのでパニックに陥って泣き出すというわけです。

 

そのため、もし赤ちゃんがこちらを見ていたらなるべく視線を合わせないようにして、赤ちゃんが観察しやすいようにしてあげれば、だんだんと大泣きすることはなくなると思われます。

「赤ちゃんの人見知り」に関するページ