人見知りする人は頭がいいの?

 

 

人見知りする人は頭がいいの?

ヤフー知恵袋や発言小町といったインターネットの掲示板では、人見知りする人は頭がいいという噂が飛び交っております。

 

人見知りと聞くと、多くの人は「ネガティブ」「コミュニケーションが取れない」「暗い」「つまらない」「生きていて楽しく無さそう」というイメージを抱くはずです。

 

しかし、頭がいいのならばそこまで悲観する必要はないですし、「自分には良いところがある」とポジティブに考えられるのではないでしょうか。

 

恐らく、「人見知りする人は頭がいい」というのは小さな赤ちゃんに該当する話です。

 

自分の赤ちゃんの人見知りが激しく、「このまま将来誰とも話せない性格になってしまったらどうしよう?」という不安を抱えている親御さんはいらっしゃるかもしれません。

 

この気持ちは大いに分かるものの、人見知りするということは母親と他人を区別できていると考えられるため、人見知りする時期が早ければ早いほど知能が高いのではないかと考えられているのです。

 

人見知りが激しいかどうかは赤ちゃんの性格によって異なりますが、それだけ母子間での信頼関係が築けている証拠となります。

 

赤ちゃんの人見知りを一気になくすような方法はありませんし、子供が成長する過程で致し方ない現象なので、無理に克服しないで良いのです。

 

「自分の子供は頭がいいから人見知りが早いんだ」と考えれば問題ありませんし、子供が成長していく中で自然と改善されていきます。

 

もちろん、大人になっても人見知りが激しく、初めて会った人と全く話せないという状態では仕事でもプライベートでも支障が出るので、早めに克服した方が良いでしょう。

 

その点、赤ちゃんの場合は「他人に近づいてみたい」「怖いと感じる気持ち」が葛藤し、人見知りが生後6ヶ月から7ヶ月辺りにかけて生じると考えられております。

 

本当に頭がいいのかIQが高いのかというデータは出ていないものの、神経質になる必要はないことがお分かり頂けるはずです。

 

もし、高校生や大学生の段階で人見知りが激しく、誰とも話せないような状態が続いているのならば、社会へと出る前に何かしらの方法で克服しなければなりません。

 

「自分から積極的に挨拶する」「聞き上手になる」「失敗の概念を捨てる」「他人と話す際に無理に構えない」という方法で人見知りを克服するべきです。

 

当サイトのトップページでも詳しく記載されているので、思い当たる節がある人は自分を少しでも変えられるように努力してみてください。

「人見知りに関する疑問」に関するページ