人見知りする赤ちゃんとベビーシッター

 

 

人見知りする赤ちゃんとベビーシッターについて

ベビーシッターとは、自宅で赤ちゃんの面倒を資格を持った人に見てもらえるというサービスで、現在では幼稚園や保育園の送り迎えや学校行事への参加も行われており、利用している親御さんはいらっしゃると思われます。

 

このような方が抱く不安の一つとして、赤ちゃんが人見知りをするということで、ベビーシッターに預けて大丈夫なのかというものです。

 

人見知りの度合いは赤ちゃんによって異なりますが、場合によっては大泣きしたり暴れたりする子供もいるので、ベビーシッターに預けるのが不安という気持ちは十分に分かります。

 

「じゃあ自分で面倒を見れば良いのでは?」と考える方がいらっしゃいますが、どうしても家を外さなければならないという用事は誰にでもあるはずです。

 

しかし、赤ちゃんが人見知りをするというのは、成長に当たって誰にでも引き起こされることで、母親以外の人を見て泣くのは仕方がないと説明できます。

 

それでもベビーシッターを利用しなければならないという用事があるのであれば、その人を信用して赤ちゃんを預けるべきなのではないでしょうか。

 

ベビーシッターの方はプロフェッショナルですので、人見知りする赤ちゃんとの接し方は心得ているはずですし、時間が掛かっても慣れれば赤ちゃんは泣き止むと思うので、信用することが一番大事だと思われます。

 

もちろん、サービスによって異なるので一概には言えませんが、一般的に保育士等の有資格者が行いますし、1対1でのお世話をしてもらえるので、託児サービスと比べると高額の費用が必要となるものの、安心感や信頼感が高いのです。

 

それに、個別で細かい要求にも応えてくれるので、人見知りの赤ちゃんを預けるという場合も特に大きな問題はないでしょう。

 

ベビーシッターを利用するための料金は、企業か特殊法人かによって異なりますし、地域によっても違いが生じているので一概には説明できませんが、1時間につき利用料金は1,000円〜5,000円となっており、平均すると3,000円ぐらいです。

 

時間の長さによってもかかる費用は異なるので、あらかじめきちんと打ち合わせをしておかなければなりません。

 

これは赤ちゃんが人見知りするしないに限った話ではありませんが、大事な赤ちゃんの面倒をお願いするわけですから、業者の選定には十分に気を配る必要があります。

 

幾つかの候補をピックアップして、自分なりに比較をして決めるのが一番です。

「赤ちゃんの人見知り」に関するページ