人見知りと無愛想

 

 

人見知りと無愛想について

人見知りの方は無愛想になりがちなのですが、たとえ話下手であったとしても、常に笑顔でいることを念頭に置いていなければなりません。

 

確かに、人見知りの方はあまり人と話すのが得意ではありませんし、初対面の方を前にすると黙り込んでしまうことも決して少なくはありませんが、無愛想になると更に相手に悪い印象を与えてしまうのです。

 

「人見知りならば明るくしても意味がない」と思うかもしれませんが、無愛想な無口と笑顔の無口とでは、相手に与えるイメージは大きく異なります。

 

そのため、まずは人見知りを直すように試みるのではなく、笑顔で過ごせるように努力することが大事です。

 

これは初めて会った方だけではなく、以前からの友達に対しても言えることですが、無愛想でいると相手は「自分と壁を作っているんだな」と思い込んでしまうため、一歩引いた状態で接するようになります。

 

これでは良好な人間関係を築くことはできませんし、友達になるというのも難しいでしょう。

 

全ての方と友情関係を結ぶ必要なんてありませんし、たった一人でも信頼できる友人がいれば十分なのですが、一生付き合っていけるような友人を見つけるためには、あなた自身が心を開く努力をしなければならないのです。

 

人見知りの方がいきなりチャレンジするのは困難なのですが、少しずつで良いので無愛想を改善し、色々な人に心を開いていけるようになれば、人見知りだということで悩むことはなくなります。

 

無愛想でいて得をするシチュエーションというのは少なからずあるかもしれませんが、基本的に「冷たそうな感じがする」「話し掛けにくい」「怖いイメージがある」と思われることが多いので、損をする場面の方が多いはずです。

 

もちろん、四方八方に愛想を振りまいて接する人に気を遣えば良いというわけではありませんが、無愛想な方に人が集まるというケースはかなり少ないと言えます。

 

愛想を振りまくよりも、無愛想でいた方が楽なのは間違いありませんが、人見知りの方が無愛想になると何一つ良いことがないのです。

 

普通に会話ができる無愛想の人だった場合、「話しかけてみたら意外といい人だったからビックリ」とそのギャップに驚くことがあるかもしれませんが、人見知りの無愛想の人だった場合、話し掛けられても何も反応してくれないため、自然と人は遠のいてしまいます。

 

人見知りは個性の一つなので、無理に直す必要はありませんが、なるべく笑顔で過ごしていた方が得だということは間違いありません。

「その他」に関するページ