人見知りかどうかチェック

 

 

人見知りかどうかチェックしよう

中には、自分が人見知りなのか自覚していないという方がいらっしゃるかもしれません。

 

もちろん、自覚していないのであれば人見知りではないと説明できるので、特に心配する必要はありませんが、自分でチェックしてみるのも一つの方法です。

 

それに、症状が悪化すれば対人恐怖症といったような神経症に発展するケースがあるので、人見知りを食い止めるためにチェックしておくことは大事だと説明できます。

 

人見知りは病気ではなく、性格の一つだと考えられますが、対人恐怖症にまで発展するとそのようには片付けられませんし、回復にはかなりの時間がかかるので、少しずつ人とコミュニケーションをとれるようにしておいた方が良いのです。

 

そこで、このページでは人見知りしやすい方の特徴をいくつか挙げているので、自分が人見知りなのかどうか良くチェックしてみてください。

 

チェックした項目が多いからといって、確実に人見知りだと言えるわけではありませんが、ある程度の目安にはなるので、参考になるはずです。

 

 

 

・人前で話す時に極度にプレッシャーを感じる

 

・人と話す時に声が自然と上がってしまう

 

・長い時間人と会話を続けることができない

 

・少し仲良くなっても相手との距離を感じてしまう

 

・人と接するとストレスを感じる

 

・自分が人からどのように思われているか気になる

 

・自分を表現するのが苦手

 

・人前での食事が苦痛に感じる

 

・人と接すると手足が震えることがある

 

・異性の前で顔が赤くなる

 

・人から常に見られているような感覚がある

 

・他人に不快感を与えているのではないかと深く気にしてしまう

 

 

 

以上のような項目にチェックがつけばつくほど、人見知りの可能性は高くなります。

 

それに、全ての項目に当てはまるという方は、人見知りを乗り越えて対人恐怖症を発症しているかもしれないので、心配な方は心療内科や精神科を訪れてみた方が良いかもしれません。

 

また、「人見知り度チェック 1.0」という無料のiPhoneアプリがあり、これを利用することで簡単に自分が人見知りであるかどうかチェックできます。

 

無料で利用できるのにも関わらず、30個もある質問に答えて自分の人見知り度を診断してくれる素晴らしいアプリケーションなのです。

 

スタートボタンを押すことで診断が始まるのですが、質問に関してはあまり深く考えずに直感で答えると良いと思われます。

 

暇つぶしとしても利用できるiPhoneアプリとなっているので、興味がある方は是非試してみてください。

「人見知りのメカニズム」に関するページ