人見知りする赤ちゃんと知能

 

 

人見知りする赤ちゃんと知能について

人見知りする赤ちゃんは、知能が低いと思っている親御さんはいらっしゃいますが、全くその逆で知能が高いという証拠となります。

 

もちろん、必ずしも知能が高く頭が良いというわけではありませんが、人見知りをしている赤ちゃんは、身近な人と知らない人との区別がつくようになったと説明できるのです。

 

個人差が生じる部分なので一概には説明できませんが、一般的に生後8ヶ月頃から人見知りが始まるのですが、それまでは母親と他人を区別することができませんでした。

 

しかし、赤ちゃんの知能が発達して、身近にいるお母さんやお父さんをしっかりと認識しているということになるので、決して育て方が悪いから赤ちゃんが人見知りをしているわけではないのです。

 

他人が母親とどのような関係なのかというところまでは分からないと思われますが、区別できていることは間違いないので、「知能が低いのではないか?」「自分の赤ちゃんは発達障害なのではないか?」という心配を抱く必要はないと言えます。

 

人見知りには個人差があるので、激しい赤ちゃんがいれば誰にでも懐く赤ちゃんもいますが、これは一過性の現象であり、自分と子供の絆が深いと考えてこの時期を過ごすようにしてください。

 

近所に住んでいる知り合いや、遠くに住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんに赤ちゃんを抱かせて泣き止まないと、お母さんは困ってしまうかもしれませんが、人見知りの時期だから仕方がないということを素直に伝えた方が良いと思われます。

 

両親ともに人見知りする赤ちゃんにオドオドしてしまうかもしれませんが、知能が低いわけではありませんし、重大な病気にかかっているというわけでもないので、無理やり克服させようとしないで、ゆっくりと成長を見守るのが一番です。

 

大人になって人見知りになっているのであれば、社会に出て支障が出る可能性があるので、なるべく人とコミュニケーションをとって治した方が良いでしょう。

 

しかし、赤ちゃんの場合は成長の過程で引き起こされる症状だと言えますし、人見知りも個性の一つなので、全然悪いことではないのです。

 

焦って無理に他人と触れ合わせようとすると益々嫌がり、今後の成長に大きな悪影響が引き起こされるかもしれないので、赤ちゃんの成長とともに一日一日を楽しく過ごすということを忘れないでください。

 

どのように赤ちゃんを他人と触れ合わせた方が良いのか分からないという方は、子育て支援センターなどに相談した方が良いかもしれません。

「赤ちゃんの人見知り」に関するページ