中学生の人見知り

 

 

中学生の人見知りについて

人見知りをする中学生の方はおり、人と上手く喋れないということで友達ができなかったり、コミュニケーションがとれないということで悩んでいる方はいらっしゃいます。

 

人見知りの方は自分の性格だから仕方がないと考えるかもしれませんが、自分の気持ちの中に原因があるのです。

 

「周りの人に話しかけて不快な思いをさせたらどうしよう?」「話しかけて無視されたらどうしよう?」と不安になるからこそ、積極的に人と触れ合うことができないのではないでしょうか。

 

人見知りによってこのまま友達が一生できないのではないかと不安を抱いている中学生の方はいらっしゃいますが、どこに行こうともどの年齢であろうとも、友達を作るのに必要なことは特に変わりません。

 

自分の気持ちの持ち方一つで友達を作るのは簡単となりますし、気の合う仲間ができれば、だんだんと人見知りは改善されていきます。

 

特に中学生になりたての方は、環境が大きく変わったということで固くなりがちなので、まずは自分をリラックスさせることから始めてみてください。

 

人見知りの方は他人と会話を続けられないと思うかもしれませんが、近くにいる友達に「おはよう」と気軽に声を掛けるだけでも自分の緊張を解すことができますし、周りの友達に良い印象を与えられるのです。

 

そして、そのような自然な一言を周りに掛けることから始め、自分から積極的に話すように試みることが友達を作るポイントだと説明できます。

 

これは人見知りの方に限った話ではありませんが、中学生になったばかりというのは誰でも周りを警戒しており、不安を抱いているものです。

 

そのため、勇気を持って自分から話し掛けることができれば、友達になれる可能性は大きくアップするでしょう。

 

話し掛ける内容に決まったことはなく、出身の小学校のことや入りたいと思っている部活、今日の授業のことなど何でも良いので、相手の話を引き出す一言を返すことで会話を続けることができるのです。

 

そして、暗いイメージで相手に話し掛けると警戒心を仰いでしまうので、明るく接するということを意識しなければなりません。

 

もし、自分が他人から話し掛けられたという場合、明るいイメージで声を掛けられた方が嬉しい気分になると思われます。

 

人見知りで悩んでいる方が積極的に自分から話し掛けるのは大変なことかもしれませんが、自分から新たな一歩を踏み出さなければ前へは進めないということを頭に入れておいてください。

「人見知りの年齢」に関するページ