男性の人見知り

 

 

男性の人見知りについて

人見知りする男性は女性にもてないのではないかと悩んでいる方がいらっしゃいますが、決してそんなことはないと思われます。

 

人見知りだから嫌われるということはなく、むしろ話が上手なお調子者の方が印象は悪いことは間違いないです。

 

もちろん、女性によって男性の見方は異なるので一概には説明できませんが、「人見知りの時点で恋愛はできない」というわけではないので安心してください。

 

男性の場合、「初対面の人に上手く話し掛けられない」「2人きりになると途端に話せなくなる」「顔見知り程度の人と世間話をするのが苦手」という時に、自分は人見知りだと感じるようです。

 

このような方は典型的な人見知りの症状なのですが、人によって色々な性格の方がいらっしゃるように、人見知りも個人の性格の一つであると考えられます。

 

そのため、人と全く会話ができないという症状ではないのであれば、無理に人見知りを直す必要はありません。

 

ただし、人見知りが原因となって対人恐怖症になったり、うつ病にかかったりする男性の方はいらっしゃるので、そのような方は専門医の診察を受けたりカウンセリングを受けたりした方が良いです。

 

対人恐怖症やうつ病はれっきとした病気であり、放置することで日常生活に大きな支障が出ることは間違いないので、医療機関を頼って治す努力を行うべきだと説明できます。

 

このような極度の人見知りでないのであれば、時間がかかったとしても異性と深い関係を築けるようになるはずです。

 

初めの頃は人見知りの態度を女性に対してとっていたとしても、仲良くなってだんだんと会話ができるようになれば、「あの頃は会ったばかりだったから話せなかったんだ」と理解してくれると思います。

 

同性の場合は、あらかじめ自分が人見知りであることを伝えることで、相手が自分に合わせてくれるかもしれませんが、異性との場合は伝えない方が良いです。

 

例えば、友人から紹介された女性と遊ぶことになった場合、会って直ぐに「自分は人見知りだから初対面の人と上手く話せない」と告げたところで、相手はどのように対応すれば良いのか困ってしまうでしょう。

 

以上のように、人見知りの男性全てが印象が悪いということはないので、心配する必要はないと思われます。

 

もし初対面で上手く話せなかったとしても、一生懸命話をしようとしていれば、その姿勢は必ず相手に伝わっているはずなので、感じが悪いと思われることはないはずです。

「人見知りの種類」に関するページ