人見知りのデメリット

 

 

人見知りのデメリットについて

人見知りはデメリットばかりではないので、「絶対に直さなければならない」「自分は駄目な性格なんだ」と思う必要はなく、あまり欠点だと意識しすぎない方が良いと思われます。

 

それでも、通常の人と比べて不利になる点は幾つかあり、そのデメリットを把握していくことは大事です。

 

そこで、ここでは人見知りをする方のデメリットについて詳しく説明していくので、心当たりがあるという方は参考にしてみてください。

人と気軽に話ができない

人見知りの一番のデメリットは、他人と気軽に話ができないということです。人と積極的に話せないということで自分の気持ちを相手に伝えるのが難しく、相手によっては誤解を招いてしまうこともあります。

 

お互いにコミュニケーションをとることによってだんだんと相手を理解できるようになりますが、人見知りの方はそれが上手にできないので、学校や職場で友達を作るのが難しいかもしれません。

 

とは言え、人によっては最初は上手く話せなくても、だんだんと馴染むことで話せるようになる場合は十分にあり得るので、極度の人見知りでなければ心配しすぎる必要はないです。

第一印象が悪くなる

人見知りの方は自分から積極的に話そうとしないので、第一印象が悪くなるというデメリットがあります。

 

就職活動では自分がどのような人間なのか面接官にアピールする必要があるので、それが上手くできない人見知りの方は少し不利であると言えるでしょう。

 

履歴書に記載している内容だけではなく、自分を売り込むためには自分の経歴や特徴を知ってもらう必要があり、そのためには積極的に自分から話さなければなりません。

 

人は第一印象が全てではありませんが、これで人間性を判断するという機会も多いため、人見知りの方には不利というわけです。

ストレスが溜まりやすい

一人でいたいと思っている人見知りの方は該当しませんが、誰かと積極的に話したいと思っている人見知りの方は、上手く話せない自分によってストレスが溜まりやすいという特徴があります。

 

人がストレスを感じるポイントは千差万別で、「人間関係でイライラする」「休日がなくてストレスが溜まる」といったようなことが挙げられるでしょう。

 

人見知りの方は、他人がいる場所にいるだけでストレスが溜まってしまうので、精神的にかかる負担は非常に大きいのです。

 

そのストレスによって、対人恐怖症といった病気を発症するケースも少なくはないので、定期的に発散させるようなケアが大事だと言えます。

「人見知りのメカニズム」に関するページ