人見知りと電話

 

 

人見知りと電話について

人見知りの方で、他人と電話をするのが苦手という方は多くいらっしゃいます。

 

確かに、仕事で電話応対をすることがあり、この時の対応が難しいというのは誰でも一緒です。

 

特に、人見知りの方はどのような対応をとれば分からなくなるので、上手く話せないという気持ちは十分に分かります。

 

極度に緊張すると相手の声が聞き取りにくくなるだけではなく、自分も声を出すことができなくなるので、相手から聞こえないと怒られることもあり、余計に電話対応が嫌いになってしまうのです。

 

しかし、このような仕事をしているのであれば、電話対応は欠かさずに行わなければならない仕事の一つであり、少しずつでも良いので克服していかなければならないと言えるでしょう。

 

そこで、電話での会話に苦手意識を持っているあなたは、仕事での電話対応でかかってくる内容に関して幾つかのパターンに分けられるので、そのマニュアルを頭に叩き込む必要があります。

 

どのように対応すれば良いのか基本をしっかりと把握していれば、気持ちに余裕ができることは間違いありませんし、緊張して黙りこくってしまうという事態を防げるはずです。

 

「電話の方が逆に話しづらい」と感じる人見知りの方はいらっしゃるかもしれませんが、自分の顔が相手に見えていないわけですから、実際に対面して話す時よりも緊張を解すことができると思います。

 

さて、電話対応をしているとクレーム処理を行うことがあり、相手のお客様はご立腹なので、嫌な気持ちになってしまうことがあるかもしれません。

 

このような場合は、ひたすら相手の話を聞くことを念頭に置き、「何か見返りを期待したい」というよりも、文句を言いたいというお客様が多いので、しっかりと話を聞いて吐き出させてやるのが良いのです。

 

自分の話をしなくても、ゆっくりと相手の意見を聞いてあげれば良いだけなので、人見知りの方でもクレーム処理は十分に可能だと言えます。

 

このような仕事での電話対応ではなく、プライベートの電話で世間話をするのは人見知りの方は苦手かもしれないので、コミュニケーションの手段として電話をとるのではなく、メールを使うべきです。

 

メールであれば、あらかじめ相手に伝える内容を考えてから送信すれば良いので、人見知りだろうが全く関係ないと言えるでしょう。

 

それに、人見知りの方は自分に自信がなくなっているかもしれませんが、相手の気持ちを思いやれるメリットがあるので、その長所を伸ばしていけば良いのです。

「その他」に関するページ