人見知りの度合い

 

 

人見知りの度合いについて

人見知りの度合いは人によって大きく異なり、個人差があると言っても過言ではありません。

 

「自分は人見知りです」と言いながらも、最低限のコミュニケーションをとれる方はいらっしゃいます。

 

初対面の人に対して自分から積極的に話題を振って話しかけることはできなくても、聞き上手な人は多いですし、笑顔で他人と接することができれば相手は不快感を抱くことはないはずです。

 

そのような度合いの人見知りであれば、無理に克服する必要はないでしょう。

 

しかし、初対面の人を前にすると尻込みし、話しかけられても何も喋れないような度合いの人見知りの人は、日常生活に支障を来たす可能性があります。

 

そんな状態では社会に出て仕事をすることはできないので、少しずつ自分のペースで人見知りを克服するべきです。

 

以下では、人見知りや対人恐怖度の自己診断チェックシートを記載したので、当てはまる数が多い人は早めに対策を練りましょう。

 

 

・人見知りが激しくて何も話せないことがある

・自然と人間観察をしてしまう

・人と目を合わせて話すのが苦手

・少し仲良くなった人でも距離を感じる

・人前に出ると緊張感が強くなる

・初対面の人を前にするとどもる

・人前に出ると大量の汗が流れ出る

・自分の体型や容姿が醜いと感じる

・周囲の人間に自分がどう見られているのか気になる

・家族や親友など、特定の人以外とは話せない

・誰かと一緒に食事をするのが苦手で一人が心地良いと感じる

・一人ぼっちの状態でも特に気にならない

・誰かと会話をしても直ぐに終わってしまう

・自分から他人に話し掛けることが少ない

・相手のちょっとした仕草が自分にあてつけているように感じる

・人前に出ると手足が震える

 

 

特に明確な指標があるわけではありませんが、あまりにもチェックを入れる数が多い人は、人見知りの度合いが強いと考えられます。

 

人見知りは病気ではないので無理に治す必要はないものの、人間である以上はある程度他の人とコミュニケーションを取れるような状態にならなければなりません。

 

人間は一人では絶対に生きていけない動物ですし、繋がりあって生きているからこそ、人見知りの度合いが強い人は早めに克服した方が良いのです。

 

当サイトのトップページでは、「どのように人見知りを克服すれば良いのか分からない」という悩みを抱えている男性や女性に適切なアドバイスをしております。

 

個人の性格なので克服するのは並大抵のことではありませんが、少しずつ変えていくことはできるので、諦めずに努力してみてください。

「人見知りの種類」に関するページ