人見知りで同窓会は行けるの?

 

 

人見知りで同窓会は行ける?

人見知りの方は、同窓会に行けるのかどうか悩んでいると思われます。

 

少しでも知り合いや友達がいるのであれば、同窓会に行くのは難しいことではありませんが、数十年ぶりに会うという場合、人見知りの方は何も喋らずに終わってしまうのではないかと不安になるはずです。

 

これは一概には言えませんが、少しでも友達を増やしたいという気持ちがあるのであれば、積極的に同窓会に参加することをおすすめします。

 

人見知りで口下手な方が同窓会に参加するのはかなり勇気がいることなのですが、それでも今の自分を変える機会としてはちょうど良いのではないでしょうか。

 

昔の仲間に出会うことによって色々な思い出話をするかもしれませんし、楽しい記憶が鮮明に蘇って、自分が人見知りであることを忘れてしまうくらい、楽しい瞬間を過ごせるかもしれないのです。

 

とは言え、久しぶりの友達に会うのであれば、どんなに昔仲が良かったとしてもそれは過去の話で、以前は親しくても怪しい宗教団体に入っていたり、頭が悪かった生徒が一部上場の会社に就職していたりと、人はどんどん変わっていきます。

 

人見知りの方であれば大丈夫かもしれませんが、最初から昔のノリのように全開で行くと浮いてしまう可能性が高いので、少し緊張しながら会話をしていくのがベストかもしれません。

 

しかし、当時仲の良い友達が全くおらず、苦い記憶が蘇ってしまうという方は、あまり同窓会には参加しない方が良いと思われます。

 

人見知りをする方の中には、「初対面の人に話し掛けたら嫌な顔をされた」「複数の生徒からイジメにあった」という過去のトラウマがあり、そのトラウマによって人見知りになってしまったという方がいらっしゃるのです。

 

もし、同窓会に行くことでそのような嫌な過去を思い出してしまうのであれば、できる限り参加しない方が良いでしょう。

 

もちろん、そのトラウマを解消しなければ人見知りを直すことはできないので、嫌な過去を払拭するために参加するというのも方法の一つですが、逆に症状が悪化して対人恐怖症といった大きな病気にかかる可能性はあります。

 

このような弊害を考えるのであれば、同窓会に参加しない方が良いというのはお分かり頂けるはずです。

 

どちらにしても、同窓会に行くかどうかの最終的な決断をするのはあなたであって、他人が決められるようなものではないので、悔いの残らないような選択をするのが一番であると言えます。

「人見知りに関する疑問」に関するページ