営業職の人見知り

 

 

営業職の人見知りについて

人見知りの自分が営業職につけるのかどうか疑問を抱いている方はいらっしゃいますが、「人見知り=営業不向き」というわけではないので安心してください。

 

全く人と話すことができないような人見知りの方は苦労するかもしれませんが、必ずしもおしゃべりな人間が営業職に向いているとは限らないのです。

 

口下手ですと、お客さんに誤解を受けることがあるかもしれませんが、口が回って嘘をつくよりもよっぽどマシということは間違いないと思われます。

 

一般的に営業職はコミュニケーション能力の高い人が向いていると言われており、お客さんに物を買ってもらう時やサービスへの契約をしてもらう際、人と会話をしなければ前に進むことはできません。

 

インターネット上の手続きではこのような能力は必要ないと説明できますが、普通の営業職であればコミュニケーション能力が要になると言っても過言ではないのです。

 

しかし、営業職で必要となるコミュニケーション能力は、プライベートで友達と接する場合とは異なり、素の自分で対応を行うのではなく、別の顔を持つことが大切であると説明できます。

 

明るい性格の方やおしゃべりな人の方が向いていると思われがちですが、最終的にお客さんが物を買うという決断に至るには、自分らしさを曝け出すのではなく、営業に特化した顔を持たなければならないのです。

 

そのため、人見知りだからといって自分の性格を直そうと努力する必要はなく、営業の顔は技術の一つして訓練で身に付けられるので、人見知りの方でも営業職を難なくこなせると言えます。

 

実際に、人見知りの方で営業でトップの業績を残しているという方はいらっしゃるので、人と会話をするのが苦手だからといって今の営業職の仕事を諦める必要は全くないというわけです。

 

それに、誰でも始めから営業職の仕事をこなせるというわけではなく、少しずつ時間を掛けて馴染んでいくものなので、最初は上手くいかないかもしれませんが、経験がものを言うことは間違いないので、人見知りの方でも少しずつ仕事ができるようになると思われます。

 

とは言え、これは営業職の仕事に限った話ではありませんが、何事も努力が大事であり、ただ何となく仕事を行っていればできるようになるわけではありません。

 

営業向きの顔を身に付けるためには経験とともに、自分の努力も欠かせない大事なポイントなので、少しずつ磨きをかけられるようにチャレンジしてみてください。

「人見知りの年齢」に関するページ