人見知りのエピソード

 

 

人見知りのエピソードについて

人によって、人見知りのエピソードは色々とあるのではないでしょうか。

 

人見知りであることにより嫌な経験をしたり、恥ずかしい思いをしたことにより、更に人見知りが激しくなり他人と上手く話せなくなったという方は少なからずいらっしゃるはずです。

 

どのようなエピソードがあるのかは人によって異なりますが、人見知りの方は他人に話し掛けられるのを嫌がる人が多いため、ペットボトルや缶ジュースのラベルを読んでいるふりをして、誤魔化すという方がいらっしゃいます。

 

もちろん、中には他人と話したいけど上手く溶け込めない人見知りの方はいらっしゃいますが、人と話すこと自体が嫌なのであれば、できる限り一人で生活していたいと考えるはずです。

 

一口に人見知りと言っても色々なジャンルがあり、このようなエピソードを持つ方は「人が嫌い」「人とあまり関わりたくない」と考えているので、人見知りを克服するのは難しいと言えます。

 

他人と会話ができるようになりたいと少しでも思っているのであれば、改善の余地は十分にあるのですが、このような方は前には進めないかもしれません。

 

そこで、まずはなぜ自分がこのような考えに至るようになったのか、考えてみる必要があります。

 

一概には言えませんが、恐らく過去の何かしらの出来事が関わっており、嫌な経験がトラウマとなって人が嫌いになったのではないでしょうか。

 

こういったトラウマを解消するには、思い出したくない過去を振り返って良い思い出に変えなければならないので、非常に大変だと言えるのですが、それでも時間を掛ければ改善することはできるはずです。

 

一方で、自信がなくて他人と話すことに臆病になるという方は、心の中では他人と仲良く話したいと考えているはずなので、上記で説明したようなエピソードがあったとしても、自信をつければ人見知りを克服することはできます。

 

実はこの自信が人見知りを克服する上で重要なポイントで、自分に自信がないからこそ、「人と話して嫌がられたらどうしよう」「他人に嫌な思いをさせてしまったらどうしよう」とネガティブな考えを胸に抱いてしまうのです。

 

もちろん、人見知りは個性の一つなので、無理に直す必要は全くありませんが、今の状況を少しでも打開したいという思いがあるのであれば、少しずつ喋りの練習をしてみてください。

 

人によっては長い時間がかかるかもしれませんが、絶対に克服できないという方はいらっしゃらないはずです。

「その他」に関するページ