人見知りで不登校

 

 

人見知りで不登校になった方へ

人見知りの方は相手がどのように感じるのか過剰に気にしてしまうという特徴があり、上手くコミュニケーションをとることができないので、不登校になる方がいらっしゃいます。

 

いちいち説明する必要はないかもしれませんが、不登校とは「学校に行きたくない」「学校に行くことができない」という状態を指し、悩んでいる中学生や高校生は非常に多いのです。

 

人見知りの方は、対人関係で不登校になることがあるのですが、このような状態が良いとは言えず、場合によってはストレスが溜まって対人恐怖症になる可能性も十分にあります

 

。実際に、人見知りの症状が悪化して神経症の一つである対人恐怖症で悩まされている方はいらっしゃるので、先生に相談したり専門医のカウンセリングを受けた方が良いでしょう。

 

人見知りで不登校になる人は、イジメや暴力が原因の不登校と比べると少ないのですが、どちらにしてもメンタルケアをしなければならないことは間違いないです。

 

現在では、メンタルケアのために学校の中にスクールカウンセラーがいるところもあるのですが、ここでは根本的な解決をするのではなく、子供たちのメンタルケアを重要視しております。

 

確かに、不登校の子供にとってメンタルケアは欠かせないものなのですが、解決に至るまでにかなりの年月が必要だということは間違いないです。

 

その点、一般社団法人不登校支援センターでは、ただ子供が学校に行く気が出るのを待つだけではなく、どのようなことに対して自我防衛が起きているのか根本的に解決してくれます。

 

不登校になった生徒は、学校に行くという恐怖や不安によって腹痛や吐き気といった身体的な不快な症状が表れることがあり、精神的な影響から引き起こされているものの、当人にとってはその苦痛は本物です。

 

一般社団法人不登校支援センターでは、何に対して恐怖を抱いているのか明確にし、子供に大きな負担がかからないような支援をしてくれるので、利用するのは良いかもしれません。

 

人見知りで不登校になったという方は、暗くて長いトンネルを突き進んでいるようで、出口が見えなくて恐怖にさらされることがあるかもしれませんが、自分だけの力では解決できないことが多いので、専門家の指示を受けた方が良いのです。

 

軽い人見知りの症状であれば、そこまで深刻に考える必要はありませんが、不登校に一度なると自然と回復を待つのは困難なので、何らかの対処をしなければならないと説明できます。

「その他」に関するページ