人見知りの原因

 

 

人見知りの原因について

赤ちゃんだけではなく、大人になってからも人見知りになってしまうという方はいらっしゃいます。

 

そこで、ここでは人見知りの原因について詳しく説明していきます。

 

どのような原因によって人見知りになるのか、心当たりがある方はチェックしてみてください。

過去のトラウマ

過去に友達から馬鹿にされたり、イジメにあったりといったことがトラウマとなり、人見知りとなる方は決して少なくありません。

 

過去に自分の容姿についてからかわれたことが原因で人見知りになることもあり、「他人から自分はどのように思われているのか?」ということを必要以上に気にしてしまうため、上手くコミュニケーションがとれなくなるというわけです。

 

もちろん、当時の友達は特に悪気があって言ったわけではなくても、当事者にとっては非常に大きな問題で、自分にだんだんと自信が持てなくなり、人見知りになります。

 

また、初対面の人に自分から話し掛け、相手に与えた印象が良いものではなかったという原因でも人見知りは引き起こされてしまうのです。

人間の防御本能

私たちは外界の色々な状況から自分の身を守るために防御反応が誰でも働くものですが、この防御本能によって人見知りになる可能性は十分にあり得ます。

 

私たちの遥か昔の先祖は、外敵から身を守るために、無意識に危険を避けようとしてきましたが、この本能は豊かになった現代人にも根強く残っており、人と人との間に無意識のうちに壁を作ってしまうのです。

 

自ら自分を他人に曝け出すことが怖いと感じ、消極的な行動しかできなくなって人見知りになってしまうと説明できます。

 

人間であれば誰でも人に良く見られたいという気持ちがあるので、絶対に人見知りにならないという人はいないと言えるでしょう。

人間関係を作る過程

これは過去のトラウマと酷似しているのですが、人間関係を作る過程が原因で人見知りになる可能性があります。

 

人間関係を作る上で相手は自分を知ることになるのですが、「相手は自分のことをどのように感じているのか?」「相手に自分のことを知られるのが不安」とマイナス思考になることが原因で、人見知りになるのです。

 

誰でも初対面の人と接する際は緊張してしまうものですが、人見知りの方はその強さが異なり、人によってはガチガチになって言葉が全く出ないという症状に襲われるという方もいらっしゃいます。

 

とは言え、どんな原因で人見知りになったとしても、コミュニケーションを重ねることで自分を変えることは可能です。

「人見知りの原因」に関するページ