人見知りに関する疑問

 

 

人見知りに関する疑問について

人見知りに関して色々な疑問を持っているという方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「なぜ人見知りしてしまうの?」「人見知りは一生治らないの?」といった疑問が浮かび上がるかもしれません。

 

人見知りをする原因は人によって異なりますが、赤ちゃんの場合は成長する過程で誰にでも引き起こされる症状の一つなので、特に心配する必要はないです。

 

赤ちゃんが人見知りをするということで、「何か発達障害があるのではないか?」と疑問を抱く親御さんがいるかもしれませんが、母親以外の人間に警戒心を覚えることが原因で引き起こされているので、自然な現象の一つであると説明できます。

 

それに、赤ちゃんの人見知りは、成長するにつれてだんだんとおさまってくるはずなので、無理やりに克服しなくても良いのです。

 

赤ちゃんが人見知りするようになったからといって、今までの育て方が悪かったというわけでもないので心配しないでください。

 

このように、赤ちゃんの人見知りは特に大きな問題はないものの、大人になってから人見知りになったという方は、神経症の疑いがあります。

 

もちろん、他人に対して警戒心を抱くというのは大人も一緒なので、誰でも人見知りになる可能性はあるのですが、人と全くコミュニケーションがとれないという方は、社会に出る上で大きな支障が出ることがあるのです。

 

職場などで初めて会った人に対して挨拶もできないような人に、社会人が務まらないということはお分かり頂けるでしょう。

 

まあ、「人と話す時に少し緊張する」「人を前にすると顔が赤くなる」という軽度の人見知りであれば、個性の一つとして考えられますが、症状が悪化して対人恐怖症を発症しているのであれば放置するのはマズイです。

 

対人恐怖症は集団行動を重視している日本人に多く見られるという特徴があり、人間関係が崩れることは死と同じ意味合いであると考えるため、人と接すること自体が怖いと感じてしまいます。

 

これは人見知りの度合いを超えているということは間違いないので、できる限り早めに専門医のもとで治療を受けるようにしてください。

 

以下のページでは、人見知りに関する色々な疑問について詳しく説明しているので、心当たりがある方はチェックしておく必要があります。

「人見知りに関する疑問」に関するページ