人見知りは誤解されやすいの?

 

 

人見知りは誤解されやすいの?

「人見知りは他人から誤解されやすいの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

個人によって異なるので一概には説明できないものの、確かに人見知りは人から良い印象は受けないかもしれません。

 

それは、「暗い」「ネガティブ」「コミュ障」「話し掛けにくい」というイメージがあるからです。

 

もちろん、人見知りでも笑顔で他人と接することができれば、他人からの印象は良くなりますし、人当たりの良い方はいらっしゃいます。

 

それでも、多くの人見知りの方は他人と上手くコミュニケーションがとれないことが原因で暗くなり、他人も話し掛けづらくなるため、余計に一人ぼっちになってしまうのです。

 

「学校で話せる友人が少ない」「職場に溶け込むことができない」という悩みだけではなく、人から誤解されやすいということで避けられるケースも十分にあるでしょう。

 

どのような状況にしても今のままでは何の改善にも至らないので、人見知りを克服するために何かしらの努力を行うべきです。

 

人見知りを克服して特に問題なく他人とコミュニケーションがとれるようになれば、相手から誤解されるようなことは絶対にありません。

 

そこで、まずは自分がどのような人見知りのタイプなのか見極める必要があります。

 

 

 

ピエロ型:見た目は社交的っぽいものの、初対面から頑張り続けて疲れ果て、人と接するのがだんだんと嫌になるタイプ

 

開き直り型:自分は人見知りだと思い込み、自ら進んで人と接していかないようなタイプ

 

ミックス型:上記の両方の要素を持つタイプの人間で、空気を読むことができても行動できない

 

 

 

人見知りは上記のようなタイプに分かれており、「開き直り型」であれば特に思い悩むケースは少なく、一人でいた方が楽だと感じる人が多いので無理に克服する必要はないかもしれません。

 

しかし、「ピエロ型」や「ミックス型」の人見知りの方は思い悩むことが多く、ストレスが溜まってうつ病といった病気を患うケースも十分にあるため、早めに何かしらの対策を練った方が良いのです。

 

もちろん、「開き直り型」も人から誤解されやすいかもしれないので、最低限のコミュニケーションはとれるような努力は行った方が良いと言えます。

 

「初対面の人と全く話せない」「自分から他人に話し掛けたくない」という状態では日常生活に支障が生じますし、仕事を続けることはできないはずです。

 

当サイトのトップページでは人見知りを克服する方法について記載しているので、今の自分に不安を抱えている方は是非一度チェックしてみてください。

「人見知りに関する疑問」に関するページ