人見知りはいつまで?

 

 

赤ちゃんの人見知りはいつまでなの?

「赤ちゃんの人見知りはいつまでなの?」という疑問を抱く親御さんは、多くいらっしゃるはずです。

 

赤ちゃんが人見知りによって泣き出すと、ゴキゲンをとるためにあやさなければならないということで、外出は億劫になっている母親はいるかもしれません。

 

誰かを見かける度に外で大泣きされては疲れてしまいますし、どのように対処すれば良いのか分からなくなるはずです。

 

「いつまでこの不安は続くのだろうか?」と考える方は多いのですが、気が付いたら自然と人見知りが治っていたということもあります。

 

赤ちゃんの人見知りは成長の過程で誰にでも引き起こされるものであり、他人に対する恐怖心がなくなってくれば、だんだんと知らない人を前にしても泣いたり叫んだりしなくなるのです。

 

いつまでに人見知りがなくなるのか個人差があるものの、一般的に2歳頃にまではおさまると言われております。

 

とは言え、赤ちゃんの生活環境によって人見知りの期間は変化し、ママと二人っきりという状況が長ければ長いほど、人見知りが長続きしてしまうようです。

 

無理に克服しなくても自然とおさまってくるものの、赤ちゃんに大きな負担とならない程度に誰かと引き合わせてあげるのが良いでしょう。

 

おじいちゃんやおばあちゃんがいきなり赤ちゃんに近づくと、泣き叫んだりしてしまう可能性が高いので、お母さんが抱っこしたままゆっくりと近づくのがベストです。

 

焦らずにこのような対策を行っていれば、赤ちゃんはおじいちゃんやおばあちゃんに人見知りすることはなくなると思います。

大人の人見知りはいつまでなの?

赤ちゃんであれば時間が経過するとともに、人見知りの症状は和らいでいき、誰と会っても泣いたり叫んだりしなくなりますが、大人の場合は自分で努力して改善しようとしなければ人見知りを治すことはできません。

 

いつまでに改善されるかは人によって異なるので一概には言えませんが、何も対策をしなければこの先もずっと人が苦手だということは変わりないのです。

 

とは言え、人見知りだからといって全て悪いというわけではなく、「人と会ったら緊張する」「初対面の人と話すと下を向いてしまう」という行動は個性の一つだと考えられます。

 

対人恐怖症といった病気にかかっていないのであれば、無理して治す必要はありませんが、人とコミュニケーションがとれないということで日常生活に支障が出ているのであれば、少しずつ自分の性格を直していくべきです。

 

急に自分を変えるというのは不可能なのですが、人が集まるところに積極的に出向き、会話ができるように努力していれば、自然と人見知りは改善されていくでしょう。

「人見知りに関する疑問」に関するページ