人見知りで人生が嫌になった方へ

 

 

人見知りで人生が嫌になった方へ

自分が人見知りだということで自己嫌悪に陥って人生が嫌になり、孤独しか見出せないと考えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、人と人とは繋がって生きており、決して一人では生きていけないので、他人と関わることができないということで、人生が嫌になってしまう気持ちは十分に分かります。

 

人見知りの方は、「なぜ努力しているのに伝わらないのか?」「なぜ人とコミュニケーションをとれないのか?」と悩むことがあるかもしれませんが、このような方に共通している点として、自分に自信を持っていないのです。

 

人と上手く接することができない自分に自信を持つことはできないかもしれませんが、欠点だけの人間というのは絶対におらず、人には誰しも良いところがあります。

 

つまり、自分の長所を見つけ、それをしっかりと把握し、そのポイントを伸ばすように努力していけば人生が嫌になったと投げ出すことはなくなるのではないでしょうか。

 

人見知りを克服するのは決して簡単なことではありませんが、人とのコミュニケーションのコツを掴むことによって、人間関係に不安を持つことはなくなるはずです。

 

いきなり自信を持てというのも難しい話なので、まずは自分のことを知るために、「自分は今を思っているのか?」「自分は今何を望んでいるのか?」「自分は今何を大切にしているのか?」「自分が求めているものは何なのか?」ということについて考察してみてください。

 

自分のことは自分が良く分かっていると言われておりますが、意外と把握できていないという方は多く、人見知りだというレッテルを貼ったことによって、他人と上手く話せなくなったという方はいらっしゃいます。

 

しかし、自分の感情や価値観を良く知り、それをきちんと発信することができれば人生を投げ出したいと思うことはありませんし、相手も自分に心を開いてくれるようになるはずです。

 

また、人間の本質力である人間力を身に付けるために、読書をするのも良いでしょう。

 

自分の限られた知識の中だけでは進歩できませんが、賢者の知恵を生かしてそれを吸収することにより、自分で解決する力を手に入れることができるかもしれません。

 

本であれば何でも良いというわけではありませんが、人間力のつきそうなものを自分で選び、リラックスした雰囲気で読書をすれば自分を変えられるはずです。

 

人見知りだからといって人生を投げ出すのではなく、新しい一歩を踏み出せるように努力してみてください。

「その他」に関するページ