人見知りと自信

 

 

人見知りと自信について

人見知りになる原因の一つとして、自分への自信のなさが挙げられます。

 

過去に自分の発言によって相手を傷つけてしまったり、自分に対して悪い印象をもたれてしまうと、その記憶がトラウマとなって自分に自信が持てなくなり、人見知りになるというわけです。

 

自信と人見知りには大きな関係性があり、一概には言えませんが自分に自信を持っているという方は、人見知りになることは少ないと思われます。

 

人見知りをする方は、会話や人間関係が上手くいかないということで悩んでおり、自分に自信がないため、常にネガティブなイメージを頭の中に思い浮かべてしまうのです。

 

「自分が発言したら相手は嫌な気持ちになるかも」「自分が何か話したら気分を悪くしてしまうかも」と負の考えばかりが頭をよぎる為、積極的になる必要があると頭では理解していたとしても、人見知りの方は中々行動に移せないのではないでしょうか。

 

そこで、人見知りを解消するには自信をつける必要がありますが、いきなり自分に自信を持てというのは非常に難しい話なので、まずは自分の長所を挙げてみることをおすすめします。

 

たとえ人見知りで人とコミュニケーションをする能力がなかったとしても、「自分には人を思いやる気持ちがある」「相手を傷つけないように言葉を選んでいる」といった長所はいくらでも見つかるはずです。

 

また、心構えも大切で、人見知りは言ってしまえば他人と接することで引き起こされる防御反応だと説明でき、正常な方でも警戒心を招くことは十分にあり得ます。

 

つまり、誰にでも引き起こされる可能性がある症状なので、人見知りだからといって自信をなくす必要はなく、「絶対にこの性格を改善できる」という強い心構えを持つことが大事なのです。

 

それに、自分に自信をつけるためには、小さなことでも何かを達成させることが重要で、些細なことでも良いので幾つかの目標を定め、それを継続してクリアしていくことで自信に繋がるのではないでしょうか。

 

実際に人見知りを克服するためには、他人とコミュニケーションをとっていかなければならないので、「毎朝職場の人に挨拶をする」「誰かと5分間以上話す」という目標が良いです。

 

そのような経験を積み重ね、だんだんと人との付き合い方を知ることで自分に自信がつき、人見知りを克服できるようになります。

 

絶対に人見知りを克服できないという方はいらっしゃらないので、自分のできる範囲で努力してみてください。

「人見知りの原因」に関するページ