人見知りを解消するには?

 

 

人見知りを解消するには?

人見知りを解消するにはどのような対処を行えば良いのか、迷っているという方はいらっしゃるはずです。

 

仲の良い友人とは普通に話すことができても、初めてお会いする方を前にすると尻込みしてしまい、上手く会話を続けられないという人見知りの方は決して少なくありません。

 

「人見知りは個性の一つだ」という考え方があり、確かに人見知りがいけないという決まりはないものの、「初めての人と会話が弾まないのは仕方がない」というのが通用するのは学生までです。

 

社会人になれば、そこまで親しくないどころか、初対面の上司や先輩と人間関係を築いていかなければなりませんし、営業であればお客様との会話をきちんと行っていく必要があります。

 

人見知りだから仕事ができないというのは通用しないので、少しでも他人とコミュニケーションが取れるようになるために、なるべく早めに解消していかなければならないのです。

 

そこで、人見知りを解消するためには、人と積極的に話していかなければならず、親しい友人ではあまり意味がないので、電気屋さんや本屋さんなどどこでも良いので、店員さんに商品の場所を聞いてみましょう。

 

恐らく、人見知りの方は初めて会う方と会話をすること自体を怖がっているはずなので、自分が求める製品がなかったとしても店員さんに尋ねず、自分の力で見つけようと意気込むはずです。

 

このような状態ばかりを続けていては、とても人見知りを解消することはできないので、些細なことでも積極的に店員さんに話しかけ、最後に笑顔で「ありがとう御座いました」とお礼を言えば、余程変な店員さんでなければ笑顔で返してくれます。

 

他人との些細なコミュニケーションを取っていくだけでも、十分過ぎるほど人見知りの解消に繋がるので、試す価値は大いにあるというわけです。

 

また、俳優さんでも上司でも誰でも良いので、会話をスムーズにしている人の見本を見つけ、その人の真似をしてみるのも選択肢の一つで、どのように初対面の人と対話していけば良いのか参考になります。

 

他にも、あまり人目を気にしないようにすれば、自分がどう思われているのか考察しなくなるので、人と会話を行うことに対して不安感を覚えることはなくなるかもしれません。

 

人と会話をしていること自体に苦痛を感じなければ、人見知りは解消されているはずですし、まずは苦手意識をなくす練習から始めなければならないというわけです。

 

ただし、初対面の人とコミュニケーションをとりやすくなったからといって、明らかに目上の人に対してのタメ口は失礼ですし、プライベートに立ち入りすぎることもしないように注意してください。

「人見知りに関する疑問」に関するページ