人見知りを克服したきっかけ

 

 

人見知りを克服したきっかけについて

人によって人見知りを克服したきっかけは異なると思われます。

 

特に何もきっかけがなく自然と人と話せるようになっていた方がいれば、そのきっかけを見つけられずに長い間悩んでいる方もいらっしゃるのです。

 

そこで、人見知りを克服するきっかけとして、自分の長所を探し出すことが良いでしょう。

 

人見知りの方は、自分をマイナスに考えてしまうことが多く、「人と上手く話せないから自分はダメ」「人見知りだから何事も上手くいかない」とネガティブな気持ちになります。

 

しかし、人見知りは決して悪いことではなく、「このように話したら相手はどのように思うのだろう?」相手の気持ちを考えて言葉を選んでから話をする傾向にあるので、人を思いやる優しさがあるのです。

 

それに、場の空気を重要視しているので、その場に適した行動を取れる素晴らしい人間で、一昔前に流行った「KY(空気が読めない)」ではないということがお分かり頂けると思います。

 

このように、自分は人を気遣うことができる優しい人間なんだと評価したことがきっかけで、人見知りを克服できるかもしれません。

 

もちろん、それでもただ自分を褒めるだけではなく、人と会話をする場所などに積極的に足を踏み入れなければなりませんが、前へと進む第一歩となることは間違いないのです。

 

また、人見知りの方は、何かきっかけがなければ克服できないと考えているかもしれませんが、そのきっかけを自分で作ろうとする努力は大事だと思われます。

 

例えば家の中でずっと引きこもっているという方は、人見知りを克服するようなきっかけがほとんどないため、自分の性格を変えられるわけがないのです。

 

失敗を恐れるという気持ちは十分に分かりますが、新しい一歩を踏み出せる勇気を持ちましょう。

人見知りになるきっかけについて

人見知りになるきっかけは人によって異なるでしょうが、多くの場合は過去に他人と接した時に嫌な思いをしたり、恥ずかしい思いをしたりした際に、それがトラウマとなって初対面の人と話す時に鮮明に蘇るという方が多いです。

 

人と話す時にナーバスになってしまうからこそ、大人になってから人見知りになる方が多いのだと説明できるでしょう。

 

それに、幼少の際に母親からあまり褒めてもらえず、叱られてばかりの毎日だったという長期的な記憶がきっかけで、人見知りに悩まされるという方もいらっしゃいます。

 

このような方は、その嫌な記憶を掘り返し、自分にとって都合の良いストーリーに変えることで、人見知りを克服できるはずです。

 

トラウマを解消するのは非常に難しいのですが、努力してみてください。