人見知りは嫌われる?

 

 

人見知りは嫌われるの?

人見知りの方は、それだけで他人から嫌われるのではないかと思っているかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

確かに、初対面の人と全く話せないような方は、第一印象で「え?」と思われてしまうかもしれませんが、人見知りは人付き合いに対して神経質になりすぎているような状態を指します。

 

つまり、それだけ人付き合いに気を配っており、他人を思いやる気持ちがあるということですから、人見知りというだけで嫌われることはほとんどないのです。

 

とは言え、挨拶もできないほど人見知りの症状が激しいという方は、常識がないと思われる可能性が高いので、嫌われる可能性はあります。

 

そこで、重度の人見知りを直すためにも、まずは他人の目をあまり気にしないようにしてみましょう。

 

人によって異なるので一概には言えませんが、人見知りの方は「自分の一言で他人を傷つけていないかな?」「このような発言をしたら嫌われるかな?」といったように他人の目を気にしすぎている傾向にあるのです。

 

相手を思いやるという気持ちは非常に大切なことなのですが、自分の感情を押し殺して考え込んでしまうと、今度はストレスが溜まるのであまり良い状況であるとは言えません。

 

しかし、人見知りを改善するというのはそこまで難しいことではなく、人とコミュニケーションをとるのに慣れれば良いのです。

 

例えばの話ですが、人見知りの方が部屋の中に引きこもる生活を続けていたとしたら、一生人見知りを直すことができないと思われます。

 

そのため、多くの人と触れ合うような機会を自分から作りにいくことが大切で、他人と会話をすることに慣れればだんだんと緊張したり、赤くなったりといった症状が引き起こされないようになるのです。

 

初対面の人と話すと嫌われるのではないかと不安になるかもしれませんが、ハッキリ言って無神経の方よりかは嫌われる確率は低いでしょう。

 

人見知りの反対は社交的であると考えている方がいらっしゃいますが、実は「無神経」で、このような性格が良いように作用することがあるかもしれませんが、基本的には周りに迷惑がかかったり、他人を不快にしてしまうことの方が多いのです。

 

人見知りだということは決して欠点などでなく、あなたの個性の一つだと考えることで、少しは気持ちが楽になると思われます。

 

マイナスイメージに捉える方が多いのは事実ですが、人見知りは決して恥ずべきことではないと、頭の中に入れておいてください。

「人見知りに関する疑問」に関するページ