教師の人見知り

 

 

教師の人見知りについて

人見知りの性格で教師になるのは難しいと考えている方はいらっしゃるかもしれませんが、必ずしも教師になれないと言い切れるわけではないです。

 

確かに人見知りをすることでのデメリットはあり、教師が人見知りをすることで生徒は自分が嫌われているのではないかと勘違いし、不信感を持たれてしまいます。

 

それに、小学校や中学校の教師ではなく、家庭教師の場合は1対1で勉強を教えなければならないため、全く会話ができないような人見知りの方がこなすのは、少々難しいかもしれません。

 

とは言え、直ぐに人見知りを改善することはできないものの、自分が変わりたいという強い意識を持っていれば、人見知りする自分を変えることは十分に可能です。

 

変わりたいという意識を持つとともに、「どのような対策を練れば自分を変えられるのか?」「今の自分には何ができるのか?」と自分なりに考察する必要があります。

 

必ずしも人見知りだからといって教師になれないというわけではありませんが、子供と積極的に関わらなければならない仕事なので、時には子供の保護者と衝突することもあるのです。

 

一概には言えませんが、人見知りの方は精神的に弱いという方が多く、教師は並大抵の精神力では務まる仕事ではないので、教師になりたいと考えているのであればまずは人見知りを克服するような努力を行う必要があります。

 

教師になりたいという方は、人と交流することが嫌いなタイプではないと考えられるので、まずは色々な人と接する機会に自分から足を踏み入れることが大切です。

 

それに、多くの方は人見知りと聞くと、ネガティブなイメージを頭に浮かべるかもしれませんが、「落ち着いていて思慮深い」「心の中で考えて言葉を発することができる」というように見方を変えることで、長所が浮かび上がってきます。

 

おしゃべりな方は、人に言う必要がないことまで口に発してしまうため、何かとトラブルになることが少なくありません。

 

そのため、おしゃべりだから教師が務まるというわけではないですし、子供からの相談事を他の生徒に喋ってしまうような人が、教師になることは絶対にできないのです。

 

以上のように、発想の転換は非常に重要なことで、人見知りの自分をポジティブに捉えることで、利点を伸ばしながら欠点を直していくことができます。

 

諦めずに自分を変える努力をしていれば、理想の自分に近づけるということは間違いないと言えるでしょう。

「人見知りの年齢」に関するページ