人見知りのメリット

 

 

人見知りのメリットについて

果たして人見知りにメリットがあるのかどうか、疑問を抱えている人はいらっしゃるはずです。

 

「他人とコミュニケーションが上手く取れない」「職場や学校で馴染めない」など、人見知りはデメリットばかりが取り上げられております。

 

しかし、人見知りの方にも多少なりともメリットはありますし、自分にも良いところはあるので卑屈になる必要はありません。

 

例えば、人見知りのメリットとしては「聞き上手になれる」ということが挙げられ、自分から積極的にペラペラと話せないとしても相手の話をきちんと聞いてアドバイスすることはできます。

 

自分のことを話したい人にとって、一生懸命に話を聞いてくれる存在は非常に大きいので、人見知りの方は聞き上手を目指すのが良いのではないでしょうか。

 

また、相手の反応や気持ちを普通の人以上に気にする傾向があるため、人見知りの方は他人への気配りができます。

 

自分のことしか考えていないオラオラな性格の人間よりも、優しくて他人への気配りが上手な人見知りの人間の方が好感度は確実に上がるはずです。

 

それに、人見知りは初めて会う人と上手く会話を続けられないとしても、自分の趣味や趣向がピッタリの特定の人とは親密な関係性を築けるというメリットがあります。

 

誰とでも仲良くなることはできないとしても、一部の人とは関係性を深められますし、多くの人に時間を割く八方美人よりも、狭い範囲の人間と関わりを持つ人見知りの方が深い付き合いができるのです。

 

以上のように、人見知りの人間にもメリットがありますし、病気ではなく個性の一種だと考えられるので、病院で無理に治療しなければならないわけではありません。

 

もちろん、「初めて会った人間とは挨拶すらもできない」といったコミュ障では仕事は絶対にできませんし、日常生活を送る上でも支障が生じます。

 

しかし、軽度の人見知りであれば無理に克服しようと意気込まなくても、「これが自分の個性だから良いところをもっと伸ばしていこう」と考えれば少しは気持ちが楽になるはずです。

 

「自分は人見知りだから友達ができない」「人見知りの自分には全く魅力がない」と追い詰めていると、ストレスが溜まって精神的な病気を引き起こす大きな原因となります。

 

そのため、「人見知りは悪くない」「人見知りにもメリットがある」と気楽な気持ちで考え、一歩ずつでも良いので前に進めるようにと努力してみてください。

「人見知りのメカニズム」に関するページ