人見知りの魅力

 

 

人見知りの魅力について

人見知りと聞くとマイナスイメージを頭に思い浮かべる方がいらっしゃるかもしれませんが、人見知りの方にも魅力はあります。

 

人見知りの方は相手に意識を向けており、相手の動向を注意しているため、「相手はどのように感じているのかな?」「自分に対してどのように思っているのかな?」という姿勢を持って接しているのです。

 

しかし、その気持ちを上手く伝えられないからこそ、会話がギクシャクしてしまうことがありますが、言い換えれば相手の気持ちをいつでも理解しようと思っていることになります。

 

つまり、相手に思いやりのある行動ができるというところが、人見知りをする方の大きな魅力であると言えるでしょう。

 

それに、男性の方は物静かな人見知りの女性がタイプという方はいらっしゃるので、上手くコミュニケーションがとれなくても、人に好かれることが十分にあり得るのです。

 

「自分は人見知りだから嫌われるんだ」と感じている方は多いかもしれませんが、人見知りだからといって魅力が全くないということではないので、自信を持った方が良いかもしれません。

 

人見知りをする方の多くは自分に自信を持っていないことが多く、常にネガティブに考えてしまいがちなのですが、「自分は思いやりがある」「人を気遣える性格なんだ」とポジティブに捉えることにより、少しずつ克服できると思います。

 

また、人見知りの方は人の話を聞くのが上手で、同性・異性関係なく聞き上手な方は人に好かれやすいという特徴があるのです。

 

無神経な方は基本的に自分の話ばかりをしたいと考え、自分の気持ちを分かってもらうために一方的に話すことがありますが、このような会話によって相手に不快感を与えてしまうことも決して少なくありません。

 

その点、人見知りの方は相手を思いやる心をしっかりと持っているため、第一印象は悪くても長く付き合いを続けているうちに、必ず自分の良さを理解してくれるはずです。

 

過去に何かしらのトラウマがあるという方は、自分の性格をポジティブに考えるのは難しいかもしれませんが、自分にも魅力があると思うことができれば、人間関係で苦労することは少なくなります。

 

とは言え、いくら魅力があると言っても挨拶ができないという方や、簡単な会話すらできないという方は、常識がないと思われてしまいがちです。

 

そのため、最低限の挨拶ぐらいはできるように、少しずつ人と関わりを持つ努力をしてみてください。

「人見知りのメカニズム」に関するページ