人見知りと人間関係

 

 

人見知りと人間関係について

人見知りが激しいという方は、上手く人間関係を築けないことが多いので、「会社を辞めたい」「学校に行きたくない」と悩んでしまう方がいらっしゃいます。

 

確かに、人間関係による悩みは非常に深く、「人と上手く話すことができない」「どのようにすれば人と良い関係を築けるのか分からない」ということで、人見知りの方は塞ぎこんでしまうのです。

 

もちろん、良い人間関係を築くのは人見知りではないという方でも難しく、自分の思うようにならないということは十分にあり得ますが、人から学べることは非常に多く、コミュニケーションをとるのが大事であることは間違いありません。

 

「もっと前向きになろう」「相手に感謝の気持ちを伝えるようにしよう」と頭では分かっていたとしても、人見知りの方はそのような行動自体がとれないのです。

 

そこで、簡単な人間関係を築くために、職場や学校で出会う人に軽い挨拶を交わすことから始めてみてください。

 

口数が多い少ないに関わらず、人と人が出会った時の挨拶は人間関係を築く上での基本で、「おはようございます」「お疲れ様です」といった当たり前のことを、自分から積極的に行うべきです。

 

挨拶がきちんとできる人が、他人から嫌われることはほとんどないので、人見知りの方はこのような挨拶を交わす努力から始めれば少しずつ改善できると思います。

 

ただ挨拶をするだけではなく、笑顔で交わすことが非常に大切で、最初は上手くできないかもしれませんが、マナーの基本であることに加えて何かを引き起こす鍵にもなりえるのです。

 

人見知りしない人からすれば、当たり前と思うかもしれませんが、人見知りをする方にとってそれが苦痛である可能性も十分にあり得るので、少しずつ今の自分を変えられるようにチャレンジしていきましょう。

 

しかし、中には過去の人間関係によって人見知りになってしまった方がおり、このような方はそのトラウマを解消しないことには前へと進めないと思われます。

 

人によってトラウマとなった出来事は異なり、「誰かからイジメられた」「自分のことを否定された」「話し掛けたら無視された」といったことが挙げられますが、まずは過去に起きた出来事をしっかりと思い出してください。

 

嫌な過去を思い出すという行動は非常に辛いのですが、自分の想像の中でその時の自分を都合の良いものに変えてしまうのです。

 

「現在の自分は過去の自分とは違う」と強く思うことで、過去の嫌なトラウマを乗り越えることができるかもしれません。

「人見知りの原因」に関するページ