おしゃべりな人見知り

 

 

おしゃべりな人見知りについて

基本的に人見知りの方は口数が少ないというイメージがあり、あまり人とコミュニケーションをとるのが苦手だという方を指していることが多いのですが、実はおしゃべりだという方もいらっしゃいます。

 

一口に人見知りといっても、人によって色々なタイプがあり、初対面の時はどのようなことを話せば良いのか分からないため、口数がかなり減るものの、ある程度仲良くなると急におしゃべりになる方は多いのです。

 

このような方は、初対面の方と上手く話せないという自分を、無理して直す必要はないでしょう。

 

仲良くなっておしゃべりができるということは、他人とのコミュニケーションが苦手というわけではないので、軽い挨拶程度ができれば全く支障はないのです。

 

それに、初対面の方と何を話せば良いのか分からないと感じるのは、決して人見知りの方だけではなく、普通の人にも共通して言えるポイントだと思います。

 

相手のことを何も知らないわけですから、話題が思いつかないというのは普通なのですが、おしゃべりだという方は相手のことを知れば色々なことについて話せるということになるので、心配する必要は全くないというわけです。

 

極度の人見知りで、初対面の人と挨拶すらできないという方や、対人恐怖症を発症しているという方は、日常生活に大きな支障が出る可能性がありますし、そのままの状態で社会に出るのは非常に困難なので、病院で治療を行った方が良いと説明できます。

 

そのような過度の症状で悩まされていないのであれば、無理に人見知りを直す対処はしなくても良いのです。

 

また、おしゃべりを無理に直すという必要もなく、今のままより良い人間関係が築けるように努力していくのが一番だと言えるでしょう。

 

ただし、相手を思いやるという気持ちは非常に大切で、何も考えずに発言するという方は、無意識のうちに誰かを傷つけている可能性が非常に高いので、おしゃべりな人は「このような発言をしたら相手はどのように思うのか?」ということを少し考えるべきです。

 

人と接していくに当たって、コミュニケーション能力は非常に大事ですし、社会に出ても必要となることは間違いないので、きちんと身に付けておいてください。

「人見知りの種類」に関するページ