人見知りとパニック

 

 

人見知りとパニックについて

人見知りだからといって必ずしも対人恐怖症やパニック障害にかかっているというわけではありませんが、人見知りが悪化して発症するというケースはあるので、自覚があるという方は注意した方が良いです。

 

特にパニック障害は重い病気の一つで、突然身体の震えや息苦しさを感じ、めまいといった身体の異常とともに強い不安感に襲われる症状のことを指します。

 

人によっては動悸や呼吸困難といった症状が表れることがあり、心臓がドキドキして「このまま死んでしまうのではないか?」と恐怖を覚えることも少なくありません。

 

人によって症状の表れ方は異なるものの、発作自体は10〜30分程度でおさまりますが、「またあの辛い症状が引き起こされるのではないか?」と不安になることで新たな発作を呼ぶといったように、悪循環に陥るのがパニック障害の特徴です。

 

ただの人見知りであれば、他人が集まるところに自分で足を運んだり、人と話す機会を多く設けることでだんだんと改善していきますが、パニック障害が引き起こされているという方は、専門的な治療を行わなければ現在の状態を改善することは難しいと説明できます。

 

日常生活に大きな支障が表れるだけではなく、症状が重症化することによってうつ病を併発することがあり、更に治りにくくなることは間違いないので、できる限り早めに心療内科や精神科で診察を受けるべきです。

 

パニック発作と似たような病気は幾つもあり、これらの異常がないかどうか診断するために、心電図検査やレントゲン検査、血液検査などが病院では行われております。

 

どちらにしても、人見知りだけであれば身体に不快な症状は引き起こされませんが、明らかに思わしくない症状が出ているのであれば継続的な治療が必要不可欠なので、適切なカウンセリングとともに薬の処方をしてもらうべきです。

 

とは言え、パニック障害を薬で治すという場合、一時的に症状を抑えるにすぎないので、根本的な解決にはなりません。

 

そのため、薬を服用して症状を抑えるとともに、規則正しい生活を心掛ける必要があります。

 

睡眠不足によって疲れが溜まっていると、パニック障害に影響したり誘因ともなりますし、アンバランスな食生活となっていると、発作の原因である低血糖になってしまうのです。

 

また、疲れの物質であると言われている乳酸が溜まると、パニック障害が悪化する可能性が高いので、軽い運動をしてリフレッシュすると良いでしょう。

「人見知りを病院で」に関するページ