赤ちゃんが人見知りする理由

 

 

赤ちゃんが人見知りする理由について

赤ちゃんが人見知りする理由は、「誰かに連れ去られないための防衛反応」「大好きな人とそうではない人とのコミュニケーションの違い」「母親と引き離されるのではないかという不安」であると考えられております。

 

確かに、赤ちゃんにとって母親は全てなので、このような理由で人見知りをするのは決しておかしなことではないのです。

 

人見知りやそれに近い分離反応は、生後6ヶ月〜12ヶ月の赤ちゃんにみられる正常な行動の一つで、今までは色々な人に抱かれるのを楽しんでいたものの、だんだんと母親のあなたにしか抱かれないようになってきます。

 

「どうにかして人見知りを治したい」「このままでは将来が不安」と感じる母親がいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんが成長する過程で必要なもので、今までの子育てのやり方を反省したり、理由を究明したりする必要は全くありません。

 

ママと離れて泣くようなことはいつまでも続くわけではありませんし、子供が成長するに従ってだんだんと親離れしていくものなので、今の子供が自分に離れないという状態を楽しむことを念頭に置くのが良いです。

 

また、赤ちゃんによってはお母さんに甘えきれていないという不安感が理由で人見知りしている可能性もあります。

 

自分ではしっかりと赤ちゃんに付き合っているつもりでも、赤ちゃんからすれば十分に満足していないということはあり、それが原因でいつまでも人見知りが治らないのかもしれないので、赤ちゃんの気持ちに寄り添うように一緒に遊んでコミュニケーションをとるのがベストです。

 

それに、母親や父親と接する機会が少ないということも、人見知りを悪化させている原因だと言えるので、できる限り他の赤ちゃんと接するような機会を設けることも大事だと説明できるでしょう。

 

とは言え、人見知りして赤ちゃんが嫌がっているのに、無理やり他人と触れ合わせようとするのはあまり良くないです。

 

赤ちゃんの人見知りは無理に治そうとする必要は全くないので、成長とともに自然と解消されていくのを待つのが一番だと言えます。

 

そこで、赤ちゃんは他人と接する際に母親の反応をベースにして見慣れない人のイメージを作っているので、母親が楽しそうに話している人であれば、赤ちゃんも受け入れてくれるのです。

 

人見知りをする赤ちゃんへの近づき方は非常に重要で、一歩間違えると大泣きすることもあるので、母親以外の人間もしっかりとした知識を持っておかなければなりません。

「赤ちゃんの人見知り」に関するページ