人見知りの人との接し方

 

 

人見知りの子供との接し方について

人見知りをする子供との接し方が分からないという方は多く、上手く懐いてくれなかったり、会話が続けられないということで、子供と関わる仕事をしている方の悩みの一つであると言えます。

 

そこで、人見知りをする子供との接し方で重要なのは、大人の振る舞いをするのではなく、その子供と同じ振る舞いをするように工夫しなければならないのです。

 

「この子供は人見知りしやすい」「このタイプは懐きにくいな」と自分勝手に想像するのではなく、子供の目線の高さに合わせるという接し方が大事であると説明できます。

 

また、子供とコミュニケーションをとる時だけに限った話ではありませんが、必ず笑顔でいることを心掛けなければなりません。

 

人見知りをしない子供であっても、「この人はどのような人なの?」「どんな性格な人なの?」というように警戒心を抱くものなので、笑顔でいることでその緊張感や警戒心を取り払えるというわけです。

 

そして、子供は遊ぶことが大好きなので、接する子供に合った遊びを一緒に行うことにより、人見知りをする子供との距離感を縮めることができます。

 

たまに、「子供はあまり理解していないだろう」と適当な反応をする方がいらっしゃいますが、私たちが思っている以上に子供は大人の反応に敏感なので、子供に集中してあげなければならないのです。

 

このような接し方をしても、人見知りをする子供によっては打ち解けるまでに時間がかかるかもしれませんが、決して諦めないでください。

人見知りをする女性との接し方について

人見知りをする女性との接し方が分からないということで悩んでいる男性の方は多く、男女間で色々と考え方が異なるので、同性の人と話しているような感覚とは違うというところが難しいのです。

 

そこで、人見知りする女性との接し方で重要なのは、「警戒心を解いてあげる」「否定しないで肯定する」「ありのままを受け入れる」という3つのポイントとなっております。

 

人見知りが多いという女性は、一度や二度話しただけでは警戒心を解いてくれないので、あまりしつこくしないように話し掛けて、距離をゆっくりと縮めるのがベストです。

 

相手から悩みを持ちかけられるようになれば、ほぼ完全に打ち解けたと言っても良いでしょう。

 

もし、その女性を付き合う対象と見ているのであれば、相手に「この人は誰よりも自分のことを理解してくれている」と思わせなければなりません。

「その他」に関するページ