人見知りと神経質

 

 

人見知りと神経質について

人見知りの方は、人付き合いにおいて必要以上に神経質になってしまう傾向があるため、上手くコミュニケーションがとれないと悩んでしまいます。

 

そのため、元々神経質な性格の方は、人見知りになりやすく、「自分は他人にどのように思われているの?」「自分の発言が他人を不快にさせていないかな?」と気になりすぎてしまうことが大きな原因です。

 

このように聞くと神経質が良くないと考えるかもしれませんが、決してそうではなく、何事にも慎重に考えるクセがあるので失敗が少ないというメリットがあります。

 

もちろん、神経質だということでマイナス面はいくらかあるかもしれませんが、プラス面もあるということは間違いありません。

 

とは言え、「人見知りだから人から嫌われているのではないか?」という不安は神経質さゆえに引き起こされる思い込みなので、人付き合いに対してあまり気を配りすぎないように注意する必要があります。

 

人を気遣えるということはとても大切なことで、相手に不快感を与えることが多い無神経よりかは、少なくとも人に嫌われるということはないのです。

 

無神経なことで良いように作用するということも十分にあり得ますが、基本的には人を不快にさせてしまうのではないでしょうか。

 

このような人と比べて神経質の方は相手を思いやる気持ちがあるので、この性格自体を直そうとしなくても良いのですが、人見知りだということで損をする場面はあるので、少しずつで良いので克服するべきです。

 

どのように人見知りを克服すれば良いのか分からないかもしれませんが、まずは積極的に他人と話す機会を作ることをおすすめします。

 

学校やアルバイト、職場などどこかしらに所属していると思われますが、そこで出会う方に自分から話し掛けるようにすれば良いのです。

 

別に長時間に渡って話さなければならないというわけではなく、簡単な挨拶でも構わないので、コミュニケーションをとることから始めれば、少しずつ人見知りが解消されていくと思います。

 

挨拶がきちんとできる人が嫌われるということはほとんどなく、簡単な会話を交わすだけでもお互いが良い気持ちになることは間違いないので、不快感を覚えるということは絶対にありません。

 

人見知りの呪縛から解き放たれるには、人によっては長い時間がかかることがあり、「自分は直らないのではないか?」と考えるかもしれませんが、少しでも前に進むことは大事なのです。

「人見知りの原因」に関するページ