心理学で人見知りを克服

 

 

心理学で人見知りを克服する方法について

心理学とは生物の意識などを実験を用いて研究している学問のことを指し、人見知りを克服する方法を心理学を用いて説明することが可能となっております。

 

人間は初対面の人と出会って直ぐに仲良くなれるタイプと、中々それが難しかったり時間がかかったりするタイプの2つに分けられるのです。

 

心理学といっても色々な種類があり、ひとくくりにして説明することはできませんが、人見知りを克服したいと考えて思いつくのは臨床心理学でしょう。

 

これは心の問題を解決してどのように適応させれば良いのか考えたり、悩みを聞いたり助言を行う分野のことを指します。

 

つまり、一人ひとりに適した診断を行って治療をしていくための学問のことなのです。

 

生まれつき人見知りの赤ちゃんが生まれてくるというわけではなく、育った環境などが影響してくると思われるので、人によってどのような悩みを抱えているか異なります。

 

「全く人と話すことができない」「少しならば初対面の人と話せる」といったように、人見知りの方でも違いが生じており、その状態によって克服する方法は変わってくるのです。

 

そこで、臨床心理学の出番で、人見知りで悩む方にカウンセリングなどを行うことにより、少しでも人と関わりが持てるようになるかもしれません。

 

それに、人見知りを克服したいと考えている方は、心理学の本などを読んで自分で勉強し、臨床心理学について良く知ることで、何か変わるのではないかと思われます。

 

子供の人見知りであれば、小学校・中学と成長していくにつれて色々な人と出会い、自然と人見知りが解消されて協調性を持てる人間になれるかもしれませんが、大人になって何かトラウマとなるような出来事によって人見知りになったという場合、自然と解消することはないでしょう。

 

自分から変わろうと努力をしなければ、現状を打開できないと考えた方が良いのです。

 

そこで、人見知りを克服するために、人が集まるような場所に積極的に足を踏み入れ、自分から行動を起こす必要があります。

 

もちろん、最初は今までと変わらなかったり、上手く人と話せないということで、「自分を変えることはできないのか」とショックを受けてしまうかもしれませんが、最初は失敗しても良いのです。

 

これはどんな分野でも言えることかもしれませんが、失敗を繰り返すことで成功が待っており、いきなり成功できるという方はいらっしゃいません。

 

新しい扉を開くのは怖いかもしれませんが、自分を変えるためには勇気が必要なのです。