初対面で話せない人見知り

 

 

初対面で話せない人見知りについて

人見知りと一口に言っても、以下のように個人によって症状や特徴は大きく異なります。

 

 

・初対面の人と接する際に尻込みしてしまう

・誰に対してでも警戒心を持っている

・自分から近寄りがたい雰囲気をかもし出している

・自分から積極的に話しかけることができない

・他人と話したいと思っていても行動に移すことができない

・初対面の人を前にするとどもる

・相手の目を見て話すことができない

・自分の特定の部分にコンプレックスを感じている

・今の自分と他人を無意識のうちに比較してしまう

・相手から質問されないと話すことができない

・人と接すること自体が面倒だと感じている

・自分一人の殻に閉じこもりたいと考えている

 

 

上記のように様々な特徴があるものの、その中でも初対面の人とコミュニケーションを取ることができないという方が多いはずです。

 

「仲が良い友人とは普通に話せるけれど、初対面の人とは上手く話せない」と悩んでいる人見知りの方は実に多いのではないでしょうか。

 

確かに、仲が良ければ自分のことを理解してくれているでしょうし、人見知りでも多少は心を開くことができます。

 

その点、初対面の人は自分の情報が何もなく、「どのように思われているのだろうか?」「自分は良く思われていないのではないか?」「自分に自信がないから怖い」という思考に至り、打ち解けることができなくなるのです。

 

人見知りは動物が持っている本能の警戒心の一つだと考えられており、初対面の人と上手く話せないのは防衛本能の一つなので仕方ありません。

 

しかし、「自分は人見知りだから他人と上手く話せないんだ」と落ち込みすぎると苦手意識が生まれ、症状がどんどん進行していくので注意が必要となります。

 

プライベートならばまだしも、ビジネスにおいては極度の人見知りで何かしらの弊害があるかもしれないので、ある程度は克服しておいた方が良いのです。

 

そこで、当サイトのトップページでもご説明しておりますが、「相手を初対面じゃないと思い込む」「人の目を気にしない」「自分のことを好きになる」という意識を持ってみてはいかがでしょうか。

 

自分の性格を変えることになるので簡単にはできないかもしれませんが、このような対策を行っていれば人見知りを克服することはできます。

 

クラブ活動やサークルなど、積極的にグループ活動へと参加して初対面の人と話す機会を設けるのも良いかもしれません。

 

「絶対に克服できない」という方はいないので、自分のペースで努力してみてください。

「人見知りの種類」に関するページ