人見知りとストレス

 

 

人見知りとストレスについて

人見知りの方にも色々な種類があるので一概には言えませんが、上手くコミュニケーションがとれないということで、人と接することでストレスが溜まることがあります。

 

実は、このストレスが原因となって人見知りの症状が悪化し、対人恐怖症といった神経症を患うことがあるので十分に注意しなければなりません。

 

ストレスを感じる部分は大脳で、大脳新皮質という部分に伝達された時に感じる仕組みとなっております。

 

これは個人の性格などは関係なく、人間であれば誰でもストレスを感じるものなのですが、人間関係で不快なことが続いたり、我慢できない苦痛などを味わって、大脳新皮質が限界だと感じた時に色々な支障が表れてしまうのです

 

。一般的に「休日がなくて忙しいからストレスが溜まる」「運動不足でストレスが溜まる」という方が多いと思われますが、人見知りの方によっては人と会うだけでストレスが溜まるので、一人でいることぐらいしかストレスが溜まらないポイントがないと説明できるでしょう。

 

一人でいるのが好きならば別に問題はありませんが、人と仲良くしたいと思っているのにできないという人見知りの方は、他人といるだけでストレスが溜まるというわけです。

 

意外とストレスを軽視している方が多いのですが、過度に溜まると不眠症や過食症といったように、治りにくい病気に悩まされるようになります。

 

それに、ストレスを感じることで焦りが生まれ、更に人見知りの症状が悪化するということも十分に考えられるので、まずはストレスを解消するような試みが大事です。

 

ストレスを一切感じないような生活は、ストレス社会と言われている現代では不可能ですが、過度に溜めるのは身体にも心にも良くないということは間違いありません。

 

そのため、定期的に汗をかく運動を行ったり、マッサージといったボディーケアを行って、心身ともにリフレッシュすることをおすすめします。

 

そして、同時にストレスの根本的な原因を解消するというケアが必要なので、人見知りの方は自分に無理のないようにマイペースで人と接する機会を設けるべきです。

 

いきなり色々なことにチャレンジするのは大きな負担が掛かってしまうので、最初は学校や職場の人々に軽い挨拶から始めるようにしてみてください。

 

自分から話し掛けるのは怖いと感じるかもしれませんが、挨拶をされて嫌な気分になる方はいらっしゃらないので、気軽に声を掛けても問題は起こらないはずです。

「人見知りのメカニズム」に関するページ