人見知りする赤ちゃんと託児所

 

 

人見知りする赤ちゃんと託児所について

何かしらの用事があり、数時間ほど赤ちゃんを託児所に預けたいと考えている親御さんはいらっしゃると思います。

 

託児所とは、乳幼児を預かってお世話をしてくれる施設のことを指し、認可保育所は母親が仕事をしているといったように特定の条件がなければ保育を受けられないというデメリットがありますが、託児所にはそのような規制が全くないのです。

 

気軽に利用できることもあり、便利であることには間違いありませんが、中には「自分の赤ちゃんは人見知りするけど託児所に預けられるの?」という疑問を抱く方がいらっしゃいます。

 

確かに、人見知りの酷い赤ちゃんは、ママ以外の人を見ただけで泣いてしまうことがあるので、不安になるという方は決して少なくないでしょう。

 

しかし、人見知りは赤ちゃんであれば誰でも引き起こされる現象で、ずっと泣き止まないからといって非常識というわけではないのです。

 

現在では大きなショッピングモールの中に多い託児所ですが、事前に赤ちゃんを慣らしてあげることができないので、人見知りの強い赤ちゃんは託児所に向かないかもしれませんが、それでも何度か繰り返すうちに慣れてくると思われます。

 

託児所の場所やそこにいる保育士の方は赤ちゃんにとって初めてなので、人見知りの強い子供は泣くケースが多いのですが、成長するとともに人見知りは解消されていくので、そこまで心配する必要はないのです。

 

託児所に赤ちゃんを預けることで、1時間でも2時間でもゆっくりと買い物ができるというメリットが親御さんにはありますが、決してこれだけではありません。

 

保育士との言葉のやり取りや、周りの友達との刺激を受けることにより、社交力や好奇心を身に付けさせることができるのです。

 

それに、託児所によっては挨拶や礼儀といったしつけの指導をしてくれるところがあり、親御さんも子育てのアドバイスを聞けることもあるので、利用するにはとても良い環境であると言えるでしょう。

 

実際に赤ちゃんを託児所に預けたことで、自然と人見知りが治ったと話している親御さんはいらっしゃるので、試す価値は大いにあると思われます。

 

中には、赤ちゃんを託児所などに預けるのが悪いことであると考えている方がいらっしゃいますが、色々な場所や人を経験することにより、お子さんの社会性を育てられるのです。

 

そのため、自分や子供に合った託児所を探して、利用するのが良いと言えます。

「赤ちゃんの人見知り」に関するページ