人見知りの特徴

 

 

人見知りの特徴について

人見知りの特徴はどんな所にあるのか、分からないという方はいらっしゃるかもしれません。

 

そこで、ここでは人見知りをする方の特徴についてまとめてみました。

 

自分にこのような特徴があるのかどうか、一度照らし合わせてみてください。

他人と打ち解けるのが遅い

人見知りの方の特徴として、普通の方と比べて他人と打ち解けるのが遅いということが挙げられます。

 

もちろん、人によって差が生じる部分なので一概には説明できませんが、出会って直ぐにお互いの情報交換を行うことができないので、相手がどのような人間なのか知るのに時間がかかるのです。

 

慎重に人を見ているとも言えるので決して悪いと言い切れるわけではありませんが、直ぐに自分を晒すということは人見知りの方はできないでしょう。

他人と目を合わせて話せない

一般的に人は相手の目を見て話すことによって、お互いの感情を確認し合ったり、どのようなことを感じているのか考えていると思われますが、人見知りの方は他人と目を合わせて話すことができず、下を向いて話してしまう方が多いはずです。

 

特に相手が異性の場合は、尚更目を合わせようとはせず、うつむいてしまうことが多いという特徴があります。

 

これは、単純に人見知りをする方が恥ずかしがっていたり、相手をじろじろと見るのが失礼だと感じているからかもしれません。

人間観察力に長けている

人見知りの方は、人間観察力に長けているという特徴があります。

 

対人恐怖症の方は、他人自体を怖いと感じたり、嫌いだと考えたりしますが、ここまで症状が進行していないという方は、相手との相性を見分け無意識にランク分けをしているのです。

 

「この人とは友達になれそう」「この人とは上手くいかないな」と考えて自然と距離をとってしまいますし、相手にどのように思われるのか先に考えてしまう傾向があるので、会話を成立させるのが難しいと言えるでしょう。

 

それに、人見知りの方には口下手な人が多いので、初めて会う人と上手くいかないと考えられます。

両親が人見知りだと子供も人見知りになる

これは特徴と言えるかどうか分かりませんが、両親が人見知りという夫婦の間に生まれた子供は、人見知りになりやすいと言われております。

 

これはお腹の中にいる時に遺伝するというよりも、子供は親の背中を見て育つので、親が人見知りな態度をとっていると子供もそれを真似するようになるので、人見知りになるというわけです。

「人見知りのメカニズム」に関するページ