特定の人への赤ちゃんの人見知り

 

 

特定の人への赤ちゃんの人見知りについて

赤ちゃんが生まれて半年ほど経過すると、特定の人に対して人見知りをすることがあり、見知らぬ人を見ただけで泣き叫んで母親に助けを求めようとする場合があります。

 

周りの大人が引くくらいに大声を上げて泣く赤ちゃんがいれば、拍子抜けしたように無表情の赤ちゃんもおり、性格によって大きく異なると説明できるでしょう。

 

人見知りを全くしない赤ちゃんの方が育てやすいと母親は感じますし、過剰に赤ちゃんが他人に反応するとゴキゲンをとるのが大変なので、外出すらおっくうになることもあります。

 

なるべくトラブルを避けたいという気持ちは十分に分かるのですが、赤ちゃんの時代から色々な場所に連れていき、様々な人と接することで協調性が育まれるので、家の中にこもるのが良いというわけではないのです。

 

それに、人見知りは赤ちゃんが成長するとともに和らいでいくので大きな心配をする必要はありませんが、特定の人に対してだけ人見知りをするという場合は、何かしらの原因があると考えられます。

 

赤ちゃんは無意味に泣くということはなく、何かしらの理由があるはずなので、特定の人に対しての人見知りは、「会っている回数が少ない」「嫌がっているのに無理に抱っこする」「母親と仲良くしていない」といった理由が多いです。

 

遠くに住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんは、会っている回数がママやパパよりも必然的に少なくなるので、赤ちゃんは警戒してしまいます。

 

そして、赤ちゃんが嫌がっているのにも関わらず、無理やり抱っこしようとする人を怖いと思うのは、普通なのではないでしょうか。

 

更に、赤ちゃんの中では母親は絶対的な存在であり、その母親とあまり仲良くしていない人間は危険だと考えるので、そのような人が近づくと防御反応によって泣き叫んだりするというわけです。

 

「なぜ特定の人に人見知りをするの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれませんが、このような原因だと説明できます。

 

何も知識がないという方は、人見知りをする他人の赤ちゃんを見ると可愛くないと思うかもしれませんが、赤ちゃんの立場からすれば心が発達している証なのです。

 

視覚で捉えた対象物から恐怖や不安といった連想を膨らませて考える能力が赤ちゃんに備わったからこそ、特定の人を見たり、全く知らない人が近づいてきた際に人見知るようになります。

 

高度な感情が発達するようになったということなので、このまま赤ちゃんの成長を見守ってあげましょう。

「赤ちゃんの人見知り」に関するページ